「終の住処」だから納得の出来るお墓選びを

ご相談や資料請求など全て無料

公営・民間霊園、寺院墓地、永代供養墓(塔)...。
様々な様式のお墓をご紹介し、納得のいくお墓探しをサポートいたします。

生前墓=寿陵の勧め

縁起がいいとされる寿陵には自分の好みでお墓を建てられるメリットも

生前にお墓を建てることを寿陵(じゅりょう)といいます。
古くから長寿、子孫繁栄、家内円満といった果報を招くとされています。

最近では跡を継ぐ方に、負担をかけたくないとの配慮から普及しています。
もうひとつの大きなメリットとしてはご自分の予算や好みに応じてデザインや石材などをじっくり検討出来ることでしょう。
お墓は家族のものでもあり、全員で相談しながら建てる楽しさもあります。

これからの墓地不足を考慮し、早めに確保したいという考えで、寿陵を選ぶ方も増えているようです。
これから団塊の世代がお墓を建てていった時、都心に近かったり、環境がよかったり。人気のある場所から無くなっていきます。
希望する場所に希望するお墓を持てなくなるケースもあるでしょう。

また、お墓は祭祀財産であり非課税扱いです。
相続税対策として生前にお墓を建てる方もいます。

墓地選びの5つのポイント

墓地を受け継ぐ家族や親族が末長く「心の拠り所」としての場所であることが肝要

墓地は自分ひとりのものではなく家族、親族で受け継いでいきます。
お墓を建てて納骨したら終わりではなく、末長くお参りしてもらい、先祖に手を合わせてもらえるようにするためには、どんな環境がふさわしいか、皆で話し合い、じっくりと考える必要があります。
  1. 立地
    住まいから近いか、交通の便は良いかはとても重要。
    時間、費用など様々な面で通い易いことが求められます。
    また、故人が安らかに眠れるような静かで清浄な場所、あるいは寂しい思いをしない明るく賑やかな場所など、周辺環境も検討材料です。
  2. 宗旨・宗派
    宗旨・宗派が限定される墓地があります。
    過去の宗旨・宗派不問でもお墓を建てたら、特定の宗派に所属しなければいけない場合があります。
    寺院墓地のお墓を求める場合は、原則として檀家になることが条件です。
  3. 価格
    お墓を購入する際には、霊園墓地に支払う永代使用料、毎年の管理料に加え、石材店に支払う墓石費用(工事費等も)が必要。
    永代使用料が安くても、区画が広ければ石材をたくさん使用するため、墓石費用は高くなります。
    最終的に幾らかかるか、総額で検討しましょう。
  4. 設備
    駐車場、水道施設は不可欠ですが、法要施設や休息所があれば、ゆっくりお墓参りが出来ます。
    墓地の地形が傾斜している場合などは、バリアフリー対応になっているかどうかも重要なポイント。
  5. 管理・整備
    墓地の整備や管理がしっかりなされているか、雨の日に見学をしてみましょう。
    納骨室が地下にある場合は、水が溜まりやすいので、排水状況を確認できます。
    お墓参り道具の整理整頓、植え込みや芝の手入れ、スタッフの細やかな対応など運営体制が整っているかどうかも注意してください。
デザイン、石材などのご要望、そして地域、予算などの条件をお伺いした上で、可能な限りご要望にお応えできるよう、霊園・墓地をご提案いたします。
  • 当社独自のネットワークでご紹介いたします。
  • ご要望に合わない場合はお断りください。
  • お客様と同じ目線でサポートいたします。